消化器内科(消化管・内視鏡・肝臓)

診療スケジュール

外来担当医表はこちらのページをご覧ください。

*かかりつけ医がいらっしゃる方はなるべく紹介状をお持ち下さい。紹介状がある方は予約が可能です。

消化器内科

外来担当医:火曜午前・午後 新井政代、水曜午前・午後 新井政代、

水曜午前 建石綾子、金曜午前 山下和子

(各医師のプロフィールなどは内科ページをご参照ください)

消化器内科では、消化器内科疾患全般を対象に診断と治療を行います。

胃潰瘍や胃がんリスクで注目されているピロリ菌の除菌治療にも対応いたします。

健診で異常を指摘された方、おなかの症状がある方は早めの受診をお勧めいたします。

内視鏡検査は上部(胃カメラ)、下部(大腸カメラ)ともに実施しています。専門医が検査を担当し、検査および治療(大腸ポリープ切除)などにも対応いたします。

内視鏡検査(胃カメラ・大腸カメラ)

内視鏡担当医 新井政代、石神浩徳、武藤泰彦、山下和子、他大学からの派遣医

内視鏡検査は上部(胃カメラ)、下部(大腸カメラ)ともに実施しています。専門医が検査を担当し、検査および治療(大腸ポリープ切除)などにも対応いたします。

内視鏡検査をご希望の方はまずは一般内科外来でご相談ください。必要性に応じて検査の申し込みをいたします。

肝臓内科

担当医:宮崎 純 (ミヤザキ ジュン)

出身大学・卒業年:東京大学1973年卒 

主な経歴:東大病院、東京日立病院で研修後、1975年東大

第一内科入局。1981年より当院勤務、1997年より2012年3月まで同院院長。日立製作所産業医療推進センター長(日立ハイテクノロジーズ産業医兼任)

専門領域:一般内科・消化器病学・肝臓病学

資格  :日本内科学会認定医、日本消化器病学会指導医、日本肝臓学会専門医、日本医師会認定産業医、医学博士

所属学会:日本内科学会、日本消化器病学会、日本肝臓学会、産業衛生学会

受診される方へのメッセージ:

肝臓外来:月曜午後に一般外来と兼ねて肝臓外来をおこなっています。B型・型などのウイルス肝炎の治療が主です。特に月曜午後にかぎらずわたくしの外来の時間であれば、対応可能です。最近、ウイルス肝炎の治療に次々と新薬が登場してきています。従来の治療で効果がなかったかたでも良い結果がえられることが期待できますので、ご相談ください。