リハビリテーション

リハビリテーション施設基準

  • 運動器リハビリテーションIII
  • 呼吸器リハビリテーションII

外来診療

リハビリ希望の患者さまは現在受診されている科の主治医に相談の上、必要と認められた場合に訓練を開始いたします。

受診方法

 

リハビリ希望の患者さまは現在受診されている科の主治医に相談の上、必要と認められた場合に訓練を開始いたします。

 

受診時間

月曜日から金曜日まで

 午前 9:00~12:00

 午後 13:30~15:00

診療のある土曜日(原則第二第四)

 午前 9:00~11:30

※リハビリ会議のため下記時間は一時的にご利用できません。ご注意ください。

木曜日 14:30~14:50

入院診療

急性期リハビリ(発症直後、手術直後)、他病院からのリハビリ目的での転院等入院患者さまにリハビリテーションを実施いたします。

主な適応疾患

  1. 肩・腰・膝痛等の整形疾患。
  2. 手・足の麻痺による後遺症があり、日常生活が困難である。
  3. 呼吸器疾患による息切れで動作が大変である。
  4. 他の病院での訓練が終了となったが、まだ継続してリハビリを受けたい。

訓練目的

  1. 歩行等の基本的な動作能力の向上
  2. 日常生活動作の改善
  3. リハビリ機器を使用して痛みの軽減

注意事項

リハビリテーション科受診に際しては、その適応について判断基準および、厚生労働省により訓練期間が定められています。
詳しくは医師または、リハビリテーション担当者にお問合せください。