泌尿器科

診療スケジュール

外来担当医表はこちらのページをご覧ください。

当科の概要

泌尿器科では副腎、腎、膀胱、前立腺など尿路や生殖器の疾患を扱っています。主な対象疾患には腎癌、膀胱癌、前立腺癌といった悪性腫瘍、腎結石・尿管結石、前立腺肥大症、腎盂腎炎・膀胱炎といった良性疾患が含まれます。健診で腎臓、前立腺、尿所見の異常を指摘された方、血尿が見られた、睾丸(精巣)が腫れてきた、膀胱炎がなかなか治らない、尿が漏れるといった症状のある方は受診をお勧めいたします。

 当院では週2回の外来診療を行っております(月曜日:中川、金曜日:川合, 外来は初診も含めて完全予約制です。予約方法については診療スケジュールをご参照ください)。常勤体制ではないので、手術の必要な方や精査が必要な方は東京大学医学部附属病院に紹介しています。当院の外来担当医(中川、川合)は東大病院勤務ですので、紹介後も責任を持って診療を担当いたします。東京大学での診療の詳細につきましては、こちら(東京大学のホームページへ移動します。)をご参照ください(ロボット支援手術、腹腔鏡手術など低侵襲の医療を受けることができます)。

当院で扱う主な症状、疾患など

症状   :血尿、排尿障害、尿もれ、睾丸(精巣)の腫れ

副腎疾患 :副腎腫瘍(褐色細胞腫、原発性アルドステロン症、クッシング症候群)

腎疾患  :腎腫瘍(腎癌、腎良性腫瘍)、腎結石、尿管結石、腎盂腎炎、水腎症

膀胱疾患  :膀胱腫瘍、膀胱結石、急性膀胱炎、間質性膀胱炎、神経因性膀胱

前立腺疾患:PSA高値、前立腺癌、前立腺肥大症

その他  :男性不妊、骨盤臓器脱

医師紹介

中川 徹 (ナカガワ トオル)

出身大学卒業年東京大学 1994年卒

主な経歴:国立がんセンター中央病院(医長)などを経て2012

年より東京大学泌尿器外科講師。

受診される方へのメッセージ

泌尿器科というと受診しづらいイメージがあるかもしれません。十分な説明のうえで診療を進めていきたいと思っています。

川合 剛人(カワイ タケト)

出身大学卒業年東京大学 2000年卒

主な経歴:東大病院で研修後、都立府中病院、都立荏原病院、都立墨東病院勤務。東京大学大学院博士課程を修了後、東大病院、武蔵野赤十字病院を経て、2016年4月より東京大学泌尿器科助教。

専門領域:泌尿器腫瘍学

資格:日本泌尿器科学会専門医

所属学会:日本泌尿器科学会、日本癌学会、日本癌治療学会、日本泌尿器内視鏡学会、日本老年泌尿器科学会、日本泌尿器腫瘍学会

 

受診される方へのメッセージ

泌尿器科は腎臓や膀胱、前立腺、精巣など様々な臓器に関わる疾患を扱います。その内容も各臓器の癌から排尿障害、尿路結石、感染症に至るまで多岐に渡ります。一人一人の患者様に応じた丁寧な診療を心がけていますので、何でもご相談下さい。