腫瘍マーカー

腫瘍マーカー検診

腫瘍マーカー検診は、通常の医療現場では、画像検査など他の検査によって癌と診断された患者さんにおいて、その進行度や治療効果を見るために測定されるものです。がん患者さんで陽性となることがしられているため検診に採用されていますが、本来は、癌があるかどうか分からないときに測定されるものではありません。 実は、腫瘍マーカー陽性と判定されて精密検査をすすめられたとしても、実際に癌があると確定されたわけではなく、むしろ癌がある確率はそれほど高くないのです。(偽陽性) また、癌のタイプにより陽性にならないこともしばしばあります。(偽陰性)

腫瘍マーカーは上記のような特徴がありますが、通常の血液検査で簡便に測定できるという利点があります。万能ではなく、偽陽性もしくは偽陰性となる可能性がある、という検査の性質を理解した上で受けていただくのならば、癌の発見に有意義な検査項目です。
当院では男性にCEA CA19-9 PSA、女性に CEA CA19-9 CA125を組み合わせた検査を行っています。
なお、CA125は月経中に測定すると高値となることがあります。できる限り月経時を避けて受診することをお勧めします。

  対象とする悪性腫瘍 癌以外で陽性になる場合
CEA

 消化器系癌、乳癌、肺癌、

 膀胱癌、
 前立腺癌、卵巣癌などの一部

   肝機能・腎機能障害、

   膵炎、乳腺症、肺気腫

   喫煙者

CA19-9

 消化器系癌 

 特に 膵・胆のう・胆管癌

   胆石、肝機能障害、

   糖尿病

CA125  卵巣癌と子宮癌

   子宮内膜症、月経・妊娠時、

   子宮筋腫、良性卵巣腫瘍、

   肺癌、乳癌

PSA   前立腺癌    前立腺肥大症